会社情報

社長メッセージ

ceo

三恵株式会社
取締役社長 所 洋史

チャンスは無限大。
おもしろい時代がやってきた。

 近年、海外が身近になり、我々のような中小企業もどんどん海外進出しています。誰もがパスポートを持っていて、「ちょっと東南アジアへ行ってくる。」と気軽に出かけます。一昔前は、”グローバル”など大企業の話、我々には…くらいの認識でしたが、今や、海外にチャンスを求めることは、特別なことではなくなりました。その結果、仕事の幅が広がり、フィールドも拡がった。このチャンスをどう捉えるか?「大変だ…」というより、「楽しそうだ、おもしろそうな世界が拡がってきた」とワクワクします。そして、そんな中で三恵の仲間が活躍している、これは、やはりうれしいことです。

月一回の社長監査の様子

月一回の社長監査。年間計画に対する進捗状況を厳しくチェック。

月一回の社長監査の様子2

社長監査に立ち会うのは役員、グループ長と班長。ピリピリした空気が漂う。

 車社会は、日本ではかなり成熟しているけれども、世界を見渡せば、車の恩恵を受けていない国が、まだまだたくさんあります。車は、現代人にとって、なくてはならないものなんですね。そう考えると、車づくりに携わっている我々は、ただ部品を作っているのではなく、社会貢献につながる仕事をしているわけです。もちろん、環境に配慮した車づくりにも取り組んでいかなくちゃいけない。日本のモノづくりは、素晴らしいものなんです。日本人の真面目さ、技術力は、世界に誇れるものなんですよ。
 三恵が求める人材は、自ら考え、行動し、自分を高めていける人。そんな仲間と一緒に、次の世界を見られることが、本当に楽しみです。特に、若い人たちは、どんなことにも、どんどんチャレンジしてほしい。失敗してもいいんですよ。大切なのは、ミスした時に、しっかり反省して、よい経験を身に付けること。それが、自分を高め、成長につながるわけです。
 三恵は、これからも、皆さんとともにチャレンジし、成長していきます。

 

企業理念・社是・コンセプト

無から有を生み出す。
高度な技術と創造性で
合成樹脂の
無限の可能性に挑む

 あらゆる産業分野に必要不可欠な素材であるプラスチック。自動車産業においてもその可能性は注目され、さまざまな用途開発がなされています。三恵は、このプラスチックを中心とする合成樹脂成形メーカーです。
豊かな知識と経験に裏付けられた高度な技術力は、特に自動車関連部品の成形に関して高い評価を受けております。
今、大きく変貌する自動車産業界。合成樹脂の新たな可能性を求めて私たちは挑戦し続けます。

社是

社名に基づき、お客様、従業員、株主の三者がともどもに恵みを分かち合い社会に貢献して皆様と喜びをともにする。

社訓

Sankei Challenge!!「夢」と「やる気」

マーク

SANKEI

コーポレートマークは、社名の『三』をモチーフにしています。時代を見据える眼、変化に対応するスピード、そして物事に柔軟に取り組む姿勢を表現しています。

 

会社概要

社名 :三恵株式会社
設立 :昭和35年4月
資本金 :7,000万円
代表者 :代表取締役 所 洋史
従業員数 :290名(2017年11月現在)
売上高 :94億5千万円(2017年3月実績)
事業内容 :プラスチック自動車部品の製造
主要取引先 :スズキ株式会社
敷地面積 :26,972平方メートル
建屋面積 :13,729平方メートル

[本社・竜洋工場]
〒438-0217
静岡県磐田市西平松2261番地
TEL.0538-67-1181(代)
FAX.0538-67-1980
Email : prteam@sankei-corp.com
>>アクセスマップ

[子会社 インドネシア SMI]
PT.SANKEIKID MANUTEC INDONESIA
Jl.Maligi I Lot.B-4,Kawasan Industri KIIC,
Karawang 41361,West Java,INDONESIA

2016graph

ASR2015