三恵通信
SMI通信
 
SMI駐在者だより
 日本の三恵からインドネシアに駐在して、半年が経ちました。インドネシアは初めてで、もちろんイ ンドネシア語も全く話せませんでした。現地スタッフには日本での研修を受けた人がいるため、通訳 として頼ってしまい、インドネシア語の習得が遅れていますが、できるだけ辞書を片手に単語で話しか け、分からない言葉は教えてもらい、勉強するようにしています。現場の指導に関しては、リーダー達 はある程度日本語が出来る為、まずはリーダー達に内容を説明し、他のスタッフに指導するようにし ています。工場内にボードを設置して、問題が発生した場合は、そのボードに不具合内容と処置方法 を記入してもらっています。毎日そのボード前でミーティングを行うことで、不具合内容の確認、対策 の検討、結果を確認しています。こちらの工場は、首都ジャカルタから60Kmぐらい離れたカラワン 地区にあり、その近くで生活をしています。食生活の基本は日本食で、住んでいるカラワン地区やそ の近郊にも日本食レストランがあり、食事で困る事はありません。値段的には、サービス料金を含め ると1食当たり800円〜1000円で、現地フードよりもかなり高額ですが…インドネシア料理も美味し く、現地スタッフに食べに連れて行って貰う事もありますが、健康面を考えると、基本は日本食レスト ランになってしまってます。現地での交通手段は車で、自分では運転する事なく、ドライバーにお願 いしています。こちらでは、交通渋滞がひどく、バイクや車の無理な割り込みもすごいので、事故等を 考えると自分で運転する事が出来ません。気候は、常夏ですが、日本の夏よりも非常に過ごしやすい です。さすがに日中の日差しの中に出ると、紫外線も強くて暑いですが、日陰に入れば体感温度が下 がりますし、朝晩は涼しく感じます。残りの駐在期間も精一杯がんばりたいです。
SMI駐在者だより SMI駐在者だより
SMI駐在者だより SMI駐在者だより
 
ファミリーデー
 平成27年10月24日(土)、毎年恒例の社員ファミリーデーを開催しました。従業員とその家族を一緒に、総勢500名、バス8台で、ボゴールにあるタマンサファリへ行きました。こちらでは動物園に入る前の路上に、たくさんの人参売りの店が出ています。日本のサファリと違って、園内を走行中に草食動物に餌をあげることが出来るので、そのお客さん狙いのお店です。また、日本でも赤ちゃんライオンと写真を撮ることができますが、こちらでは大人のライオンやヒョウの横に座って写真が撮れることも特徴ですね。少し怖いですが。社員ファミリーデーは、年に1回の大事な社員の交流の場でもあります。毎日の仕事で触れ合うことのない他の部署の社員やその家族と、1日楽しく過ごし、コミュニケーションが深まりました。
ファミリーデー ファミリーデー
ファミリーデー ファミリーデー
 
新しい成形機が入りました
 平成27年9月30日(水)、SMIに新たに180トンの成形機が1台導入されました。これで、社内の成形機は全部で21台となりました。日本の三恵は成形機44台なので、比較するとまだ半分程度の規模ですが、射出成形品の生産はどんどん増加しています。成形に携わる社員も、当初約30名でしたが、現在は約80名になっています。これからも塗装工場とともに、成形工場にも力を入れて売上を伸ばしていきます。
新しい成形機が入りました 新しい成形機が入りました
 
日本からの視察がありました
 平成27年9月9日〜13日の日程で、三恵より営業G長、組立G長、竜洋オートパーツ協同組合スタッフの総勢3名でSMIに視察に来られました。視察では、SMIの工場だけでなく、他社様の工場も見学して頂きました。特に、SIM様(PT.SUZUKI INDOMOBIL MOTOR)の新工場を見学出来た事は、貴重な体験だったと思います。SMI工場は、成形、塗装、組立ともに、無駄を無くしたライン作りに力を入れております。徹底した2S、作業環境の整備、生産目標等も非常に分かりやすく提示されていると評価して頂けました。また、イスラム教徒の女性が、暑い中でも頭を覆うジルバブを身に着け作業をしている事に、感心されていました。更に、屋外でも長袖、長ズボンの人達が多い事に驚かれていました。日本の夏の暑さと違い、湿度が低いことや、育ってきた環境の差(年中常夏)による服装の違いを実感頂けたと思います。インドネシアの文化にも触れ、有意義で楽しい時間を過ごしてくれて、非常に良かったです。
日本からの視察がありました 日本からの視察がありました
日本からの視察がありました 日本からの視察がありました
日本からの視察がありました 日本からの視察がありました
 
インドネシアの今
 現在のインドネシア自動車業界は、昨年と比較すると7〜8割の生産状況となってますが、8月以降はマイナーチェンジや新機種の発表もあり、販売台数が上向く事が期待されてます。成形Gでは、本年度中に9機種53型の立上げを予定しています。新型の量産開始に伴い、フル稼働しても生産が追いつかなくなる成形機もあり、9月末に、成形機(180t)1台を増設する為の準備も進めています。生産に余裕がある今、改善と新機種の生産性向上を目指して成形・技術メンバーでTRYを行っています。直近では、8月からSIM殿(PT.SUZUKI INDOMOBIL MOTOR)より受注をしているYL8(MC)が立ち上がります。スイフトを3列シートにしたコンパクトカー車名「エルティガ」のマイナーチェンジです。この機種を問題無く立上げ出来るようスタッフ一丸となって頑張っています。
インドネシアの今 インドネシアの今
インドネシアの今 インドネシアの今
インドネシアの今 インドネシアの今
 
SMI ゴルフコンペ
 平成27年6月14日(日)、年に1回開催のゴルフコンペが開かれました。11回目を迎え、すっかり恒例 になりましたが、日頃お世話になっている会社の方やSMI社員合わせて、総勢8組32名で楽しくプレー しました。毎回、参加者の皆さんのレベルアップが見られ、プロ顔負けに上手な人もたくさんいらっしゃい ます。笑顔の絶えない気さくな集まりとなり、来年も楽しみです。
SMI ゴルフコンペ SMI ゴルフコンペ
SMI ゴルフコンペ SMI ゴルフコンペ
 
 
2016年度のSMI通信はこちら
2014年度のSMI通信はこちら
2013年度のSMI通信はこちら
2012年度のSMI通信はこちら
2011年度のSMI通信はこちら
2010年度のSMI通信はこちら