事業紹介

一貫生産システム

独創性のある技術集団企業として次代のエンジニアリング・プラスチック分野へ。

“高品質”“高生産”
“コストパフォーマンス”を
実現する一貫生産システム。

system02

安定した高品質の製品を供給し続けるためには、研究開発力はもちろん、高い生産技術力と厳しい管理力が要求されます。当社ではかねてより“高品質”と“高生産”、“コストパフォーマンス”を追求するために徹底した省力化・効率化を図ってまいりました。それらを実現するためのFA化に積極的に取り組み、現在、多品種の製品群を素材から加工、組立、出荷まで一貫した自動化ラインで生産しています。

三恵の一貫生産システム

system03b

 

研究開発

kenkyu03

大いなる夢に向け、
柔軟な感性で取り組む研究開発

加速度的に多様化・高度化する市場ニーズやクライアントからの要求に対し常にスピーディに対応すべく、さまざまなテーマに基づく研究開発にも力を注いでいます。従来金属素材でつくられていたものを樹脂素材に替える技術、さらには合成樹脂の新たな用途開発まで、柔軟な感性を持つ開発スタッフが大きな夢に向かってチャレンジしています。

 

技術営業・金型設計

gizyutsu04

提案型企業としての未来を担う
エンジニアリングセールスと金型設計

当社の特長のひとつに、高度な専門的技術知識を持つ技術営業スタッフの存在があります。彼らは単なる営業マンではなく、クライアントに対し、製品づくりをより効率良く確実に行うための技術情報をも提案できる技術者です。営業と生産現場を切り離さず、営業技術スタッフが持てる知識や経験のすべてをクライアントや市場、生産現場に投入し、両者を密に結び付けています。また、金型設計は、CAD/CAMのネットワークによって当社設計室とクライアント、金型メーカーを結び、コンピューターの解析技術を駆使して的確で無駄のない設計業務を展開しています。このように、当社の持つあらゆるノウハウが反映される技術営業と金型設計は、まさに提案型企業としての未来を担っています。

 

射出成型・組立

image53

固有技術と一貫生産システムで
付加価値の高い製品づくり

当社の技術力を象徴するのが、付加価値の高い製品づくりです。クライアントから求められたものをそのまま形にするのではなく、要求をベースに期待される以上の製品づくりを行っています。射出成形においては、凝固収縮率を正確に把握するノウハウを反映させ、極めて高い精度を実現。樹脂という素材の可能性を模索しながら、固有技術を生かした製品づくりが行われています。

 

静電塗装・組立

image57

メタベルタイプの静電塗装機により
塗装ラインの無人化を実現

本社工場の完成とともにスタートした塗装加工における技術も水準を上げ、安定した製品を供給できるレベルに至ってます。当社が導入した静電塗装の先鋭であるメタベルタイプ(回転霧化型静電塗装機)は、通常のベルタイプの塗装機よりもシェイピング圧のエアー流量を多くすることで静電だけでなくエアーの力でも塗着が可能。複雑な形状のものにも均一に塗膜を形成することができます。人の手による補整のないロボット塗装で、高品質な製品を提供しています。

 

樹脂めっき・組立

mekki

一貫生産システムにめっきが加わり、
更に商品価値が多様化。

2008年本社工場を増築し、樹脂めっきラインを新設しました。これにより、プラスチックの「成形」から「塗装」そして「めっき」までを一貫して行えるようになりました。現在はABS成形品の投入から完成まで自動化されたラインで、六価クロムと三価クロムめっきの出来る設備構成となっています。
自動車部品に限らずプラスチックは様々な分野で活用されていますが、めっきを施すことで美しい金属外観が得られるだけでなく、プラスチックの機能を向上させることもできます。将来的には新たなめっき技術の開発にも取り組んでいきます。

 

マスク塗装

mask_img

更にマスク塗装が始動。
複雑な商品リクエストに対応。

2015年、新たにマスク塗装分野に進出、ラインを新規で設計して、量産がスタートしました。既存のめっき塗装ラインにプラスして、マスクをかけて塗り分けが出来る工程が増えました。現在の車はデザインや意匠性が高いものが非常に人気が高く、弊社でも以前から取扱いをしてましたが、今までは全て外注して製造していました。今回のライン新設により、今後は社内でめっきや塗装した製品に、すぐにマスク塗装が出来ることになりました。納期の短縮や塗り不良率削減などの期待が大きいです。これから製造品目をもっと増やし、マスク塗装分野に力を注いでいきます。